【ワンオペ】すき家で死亡者が出た店舗はどこ?名古屋市港区で特定か?

牛丼チェーン店「すき家」のワンオペ業務が問題視されております。

これまで問題になっていた「すき家」のワンオペがきっかけで、アルバイトの方の死亡者が出てしまいました。

今回、該当するのはすき家のどこの店舗なのでしょうか。

名古屋市港区との情報が入っているのですが、特定されているのか調査しました。

目次

すき家のワンオペで死亡者!ニュース概要

2022年6月1日、文春オンラインで牛丼チェーン店「すき家」のワンオペ業務をきっかけに死亡者が出てしまった事件を取り上げておりました。

事件が起きたのは2022年1月17日のAM5:00頃

パートとして勤務していた58歳の女性の従業員が、1人でお店を切り盛りする「ワンオペ」業務を実施。

勤務中に倒れてしまい、後頭部を強打。

その後、倒れたまま3時間が経過してしまったとのこと。

運が悪く、誰も見えないところで倒れてしまい、助けを呼ぶことができなかったそうです。

結局、午前9時頃、交代で入った従業員によって発見されたとのことですね

その後、すぐに搬送されましたが間に合わず、死亡が確認されました。

事件発生前、女性従業員は、「頭がクラクラする」と訴えていたそうですね。

亡くなる前日、加奈子さんは「頭がクラクラする」と不調を直樹さんに訴えていたという。

「そんな状態の妻を『何で仕事に行かせたんだ?』って思うかもしれませんが、彼女は責任感が強く、急に休んで店に迷惑をかけるのを絶対に嫌がる性格なんです。私が止めても『意地でも行く』と言って……。

引用:文春オンライン

従業員の方は、責任感がとても強く「急に休んでお店に穴を空ける訳にはいかない」と何がなんでも出勤をする覚悟でいたそうです。

このような不幸が起きてしまった「すき家」の店舗は一体どこなのでしょうか。

次で詳しく見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

すき家で死亡者が出た店舗の場所はどこ?名古屋市港区で特定か?

それでは実際に事件が起こってしまった店舗はどこなのでしょうか。

文春オンラインでは、該当の店舗について以下のように出ておりました。

1月16日は21時から『すき家』に行って働き、その後、深夜に自宅から15キロ以上離れた港区の別の店舗に車で移動し、助っ人としてワンオペで働いていたようです。妻が倒れたのは17日の午前5時すぎだったと聞いています」(同前)

引用:文春オンライン

そのため、現時点で発覚しているのは、

愛知県名古屋市港区

の店舗であるということですね。

そこで名古屋市港区にあるすき家を調べてみると、こちらの4店舗が確認できました。

Google MAPで「すき家 名古屋市港区」で検索すると、上記の店舗がヒットしました。

  • すき家 港区南陽店
  • すき家 港区甚兵衛通店
  • すき家 港区小割通店
  • すき家 名古屋ベイシティ前店

これら4店舗のうちのどこかの店舗の可能性が高いのではないかと思います

すき家の店舗では人手不足で助っ人を頼まれることが多く、亡くなられた時も、21時まで別の店舗で働いておられたそう。

その後、深夜に別の店舗に助っ人に行って、朝の5時からワンオペになってしまったということですね。

詳しい店舗名については続報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は「【ワンオペ】すき家で死亡者がでた店舗はどこ?名古屋市港区で特定か?」を紹介してきました。

それでは今回はこれにて失礼します。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる