河瀬直美がカメラマンA氏に腹蹴りしたのはなぜ?理由は体に手が触れたから?

2022年4月27日に映画監督の河瀬直美さんが文春でスクープされ注目されております。

文春によると河瀬直美監督が、映画撮影中にスタッフの腹を蹴ったとのこと。

今回は河瀬直美さんがなぜスタッフに腹蹴りをしたのかについて調査しました。

それでは早速見ていきましょう!

目次

河瀬直美に暴行(暴力行為)疑惑?カメラマンA氏の腹を蹴った?

出典:Twitter.com

2022年4月27日に映画監督の河瀬直美さんが、映画撮影中にカメラマンに暴行をしたとして文春報道されております。

その内容とは、河瀬直美監督が撮影中にカメラマンスタッフの腹を蹴ったとのこと。

その結果、監督とスタッフらが作品を降板したとのことで注目が集まりました。

事が起きたのは、

2019年5月の『朝が来る』という作品の現場の時だったとのことですね

腹を蹴られた方は、カメラマンのA氏という方だそう。

なぜ河瀬監督はA氏に腹蹴りをしたのでしょうか。

次で詳しく見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

河瀬直美がカメラマンA氏に腹蹴りをしたのはなぜ?理由は体が手に触れたから?

出典:news.yahoo.co.jp

2019年5月、『朝が来る』の現場にて河瀬直美さんはカメラマンA氏に、

何するの!

と大声で叫びながら、A氏の腹を蹴り上げたそうですね。

現場ではなぜこのような事態になってしまったのでしょうか。

河瀬直美監督がカメラマンA氏に腹蹴りをした理由について。

その経緯は、蒔田彩珠さんと浅田美代子さんが、広島駅前で落ち合うシーンで起きたとのこと

蒔田彩珠が浅田美代子と広島駅前で落ち合うシーン。自らカメラを覗いていた河瀬監督は、シーンを取り終えても、カメラのファインダーを覗いたまま動揺している様子だった。

引用:文春オンライン

制作関係者の方は、以下の通り述べておられます。

  • シーンの最後にカチンコにカメラを向ける段取りだった
  • しかし、方向が分からなくなってしまった

出典:wowma.jp

↑「カチンコ」とはこちら画像の事を指します。

そのため、見かねた撮影助手のA氏が河瀬さんに近づき、体に手を触れたそうです

その瞬間、河瀬監督は振り返って激怒したとのことですね。

「最後にカチンコにカメラを向ける段取りだったのですが、方向がわからなくなったようです」(制作関係者)

 それを見かねてか、後ろに控えていた撮影助手の男性Aさんが河瀬監督に近付き、方向修正を伝える意図でその体に手を触れた。その瞬間、河瀬監督は振り返って激高。

引用:文春オンライン

A氏は河瀬監督に「方向修正」を伝える意図で体に手を触れましたが、それが監督の逆鱗に触れてしまったんですね。

また『朝が来る』の撮影チームに関して。

撮影監督は月永雄太氏という方です。

出典:chofucinemafestival.com

(画像は月永さんです。)

程なくして、月永氏はチームごと撮影監督を途中降板とのことでした。

カメラマンA氏の胸中としては、

「申し訳ありませんが、私からお話しすることはありません」との答え。また月永氏は、A氏の意思を「最大限尊重したいと考えています」

とのこと。

今回の件に関して、カメラマンA氏は事を静めるため、河瀬さんに陳謝したそうですね。

しかし、河瀬監督はすぐに自分の非を認めなかったとのこと。

最終的には月永氏は部下を守る形で、自ら降板を申し出たとのことでした。

スポンサーリンク

【追記】河瀬直美監督は「防御」で抵抗していた?

出典:デイリー

文春での報道が起きた翌日の2022年4月28日。

河瀬直美監督は暴力行為疑惑について、詳細を説明されておりました。

詳しくは河瀬さんが自身の作品をプロデュースする「組画(くみえ)」という公式HPで説明されております。

出典:kawasenaomi.com

↑こちら、実際の組画HPでの記事となります。

2019年5月に行われた広島撮影の際のエピソードが語られておりました。

内容としては、以下の通りです。

  • 河瀬監督は10kg近いカメラを担いでエスカレーターで撮影していた
  • 俳優の演技が終わったタイミングで、カメラマンA氏が河瀬監督の補助器具を引っ張って誘導しようとした
  • とっさのことで河瀬監督は重心を保てず転倒しそうになった

「組画」HPによると、3年前の広島での撮影の際に河瀬監督は10キロ近いカメラを担いでエスカレーターで撮影していたが、俳優の演技が終わったタイミングで助手が河瀬監督の補助器具を引っ張って誘導しようとしたところ、「咄嗟のことで河瀬は重心を保てず、転倒しそうになりました」という。

引用:デイリー

重たいカメラを持ったままの体制で、河瀬監督は両手が塞がってしまっていたとのこと。

つまり、急な体の方向転換は河瀬監督にとって恐怖となり、

防御策として河瀬さんはカメラマンA氏に、自らの足で抵抗した

とのことでした。

以降、現場で起こった出来事を両者で話し合った結果、撮影部が組を離れることとなったそうです

「両手が塞がって自由が効かない河瀬にとって、急な体の方向転換は恐怖でしかなく、防御として、アシスタントの足元に自らの足で抵抗しました」と状況を説明し、「その後、現場で起こった出来事を両者ともが真摯に向き合い、話し合った結果、撮影部が組を離れることになりました。撮影を継続させるための最善の方法だと双方が納得した上でのことです」とも記されている。

引用:デイリー

3年前の出来事が、このタイミングで明るみになったことも気がかりです。

河瀬直美監督と撮影助手A氏で言い分が異なることもあるため、真相が気になりますね。

本件に関しては、続報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は「河瀬直美がカメラマンA氏に腹蹴りしたのはなぜ?理由は体に手が触れたから?」を紹介してきました。

文春オンラインでの報道の翌日に、河瀬直美監督がHP「組画」でご自身の見解を出されました。

今後の展開はどうなるのでしょうか。

それでは今回はこれにて失礼します!

あわせて読みたい
【wiki】河瀬直美の生い立ち•学歴•経歴まとめ!バスケ部主将を務めた過去も 国際的な映画監督として有名な河瀬直美さん。 東京オリンピック2020大会公式映画の監督に就任したことでも話題となりましたね。 今回はそんな河瀬監督の生い立ちや学歴...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる